カテゴリ:旅( 7 )




ニュージーランドワインの旅(マルボロ篇 その二)

d0165309_2105747.jpg


翌日は朝からマルボロのワイナリー訪問
d0165309_144662.jpg

d0165309_1283518.jpg

d0165309_1531354.jpg


ハンスヘルツォグ
ではインポーターの阿部さんにアポを取ってもらっていたので営業担当の方を訪ねて行った。
スイス人の移民でふどう畑を川のこちら側に持っている。それぞれどの場所にどのブドウと考えられて
植えられている。
d0165309_129869.jpg

とにかく色々な品種が植えられていて、ワインも色々ヨーロッパ品種が作らているのがとてもユニークだ。
ワイナリーも風格のある落ち着いた作りで、夜営業しているレストランは高級感が漂っている。
ちゃんとパートナーを連れてゆっくり来てみたいレストランです。自社のワインのみならず世界中のワインも
食事と一緒に飲めるとのことでコレクションも見せて貰った。
d0165309_125179.jpg

このワイナリーのワインは何種類かは私のワインショップ「idea」でも扱っています。
少し高級な希少価値のある美味しいワインです。
今回はココのワインの作り方や営業方法などが分かることで、私も勉強になった。
d0165309_1402964.jpg


次はBLADEN
少し離れたところにこじんまりとある小さなワイナリー。
説明してくれたのはオーナーの義理の?お兄さん。
試飲したリースリングが私的には好きでした。
マルボロというとソーヴィニヨンブランが世界的にも有名ですが、私は青いSBがあまり好みではなく
マルボロにいるのにリースリングとかピノノアールとか飲んでしまうという偏りでした。
d0165309_1424337.jpg


SERESIN
日本でもメジャーな方かも、でもワインは大規模に作っていてお安めで買いやすい。
その上余韻の長い濃いめのNZらしい作りで上手く作られてと思う。
d0165309_1492974.jpg


その後
AUNTSFIELD
d0165309_157551.jpg

NAUTILUS YEALANDSと。
最後のYEALANDS
d0165309_204720.jpg

とにかく見渡す限りココのぶどう畑。広すぎる。アメリカみたいだった。
畝の部分に貝殻が置かれていた。

d0165309_28612.jpg

[PR]



by idea-purin | 2014-12-21 01:44 |

ニュージーランドワインの旅(マルボロ篇 その一)

ニュージーランドにワイナリー巡りとワインを楽しむ旅に出てきた。

1日目
成田からオークランド経由でウエリントンへ。
今回の航空チケットは以前に取っていたマイレージで獲得したものでした。
その為、行き先が決まっていてそこからの旅を自分で組立直す必要がありました。
いつもはウエリントンからマーティンボロまでレンタカーで行くのですが、今回は違います。
ウエリントンからレンタカーでフェリーに乗って南島のピクトンへ、そしてブレナムへ。
ブレナムはマルボロー地域のワイン生産地として有名な街です。

まずはピクトンへ夜の21:30頃到着。
もうすでに真っ暗で、だいたいフェリー乗り場などというものは、かなり市街地から離れていて
その上夜となると人の姿なんてないしどっちが市街地方向なのか・・・
心細いところだがiPhoneを駆使して地図を確認しながら予約していたB&Bへと向かう。

B&Bでは皆さん笑顔でリラックスして待っていてくれた。
紅茶を頂きながらわからなーい?ちょっとは聞き取れる?英語に集中すること30分。
そしてすてきなお部屋でゆっくり寝ることができました。
d0165309_135080.jpg


朝はピーピピピと小鳥の声で起こされる。
あーニュージーランドなんだなー、来たんだなー。
朝ごはんをフルーツたっぷりいただいて9時半には、30分ほど離れたブレナムへ向かう。

ブレナムはマルボローリージョンなので、ワイナリー巡りを計画していて
今回は日本人のワインメーカーであるキムラセラーズの木村滋久さんにアテンドをお願いした。
10時にその日の宿泊先であるストーンヘヴン ヴィンヤード ホームステイへ。
d0165309_143050.jpg


木村さんは思っていたより若々しくて爽やかな方でした。
まずはキムラセラーズの畑に行ってワインをいただきながら説明を伺いました。
SBは爽やかであまり青くないすっきりした飲み口。
NZ風にとってもフルーティーな感じではなく、日本食などに合いそうなさらりとした感じである。
PNもすっきりでさらりとした印象。私的にはもうちょっと余韻が長くてもいいかな?

その後、クロアンリへ。
このマルボロはワイナリーの規模が大きく、クロアンリも本家の規模も大きのかもしれないが、
ここもそこそこの規模と思われる。ブドウの木仕立てはフランス風である。
ワインのテイスティングもしたが印象に残っているのはやはりSBとPN。
d0165309_057046.jpg


しっかりとした飲み口でフルティーさもありSBらしいがやはりヨーロッパ的な作り方。
PNはとても美味しくて余韻が長く、しっかりした味だが濃くなくてすっきり。

ランチにラムラックをはさんで次は
TE WARE RA 。
古くからあるワイナリーだけれども家族経営でやっている。
奥様が細かく説明してくれる。醸造所の方も見学させてもらった。
ここではどのワインも飲みやすくしかししっかりした味わいのものだった。
d0165309_0582470.jpg

 
マルボロ篇 その二へ
[PR]



by idea-purin | 2014-12-16 22:27 |

誰と?

旅に出るのが好きだ。
家も好きだけれど非日常な空間に居るのも好きだ。

毎日に追われて居る時に、ふとした美味しいワインのお誘いなんぞ受けるとフラフラと旅立ちたくなる様だ。

私の目的は知らない所に行ってみる と、
気に入った人々に会いに行く のふたつで
フラフラの行動は起きる。

色々な街に行くと、その街で生活しいて
人生を楽しんでる人々に出会う事がある。
みんな自分の街で自分を楽しんでるんだ。

海外のお伽話から出て来る様な可愛らしい素敵な街に住んでみたいと思う。
素敵だけど独りじゃ寂しいかな?

結局のところどんなに素敵な街でも、住んでる私は私だし、
どんな人と、どんなに楽しい日常を送るかが良い人生なのかもしれないよね。
独りでも楽しいし、皆といるとなお楽しい。
ソレ。
d0165309_14332618.jpg


[PR]



by idea-purin | 2014-08-23 13:28 |

ブルゴーニュの旅(長いよ)

シャンパーニュ&ブルゴーニュ&ちょっとだけパリ の旅に行ってきました。

前半はADVのツアーで、後半はボーヌに滞在してお仕事、そしてちょっとだけパリ。

伊丹ー成田-シャルルドゴール-ランスそしてシャンパンの聖地ランスに着いた。
ホテルは期待してないけど、ムードもフランスらしさもかけらもなし。
ツアーとはいえちょっと「ひえーっ」

しかし、ティタンジェ、ローランペリエ、ポルロジェと大手を2日間で勉強。
地下の洞窟のセラーがとにかく広い、寒い、古い、シャンパンがいっぱい。
シャンパンを造る理屈やら、ココで作ってるんだぁ という実感。
試飲するも、美味しい。
どこも大手ゆえに素晴らしい設備。
もし、わがまま言うならRMなとこもみてみたかったなぁ。

d0165309_4272191.jpg
d0165309_429337.jpg
d0165309_43282.jpg


4日目にはシャブリ
グランクリュの畑を歩いて上って、キンメリジャンを見つけ、今年はブドウが苦戦ていうのもまのあたりに。
その後ドメーヌ・デ・マランデへ。
またそこのオーナーが良い人でまた畑にいってくれて説明してくれて、「すべてはブドウで決まる」事を勉強。

d0165309_4371527.jpg

d0165309_4403145.jpg

グランクリュから見下ろす。

そしてボーヌへ。
朝オスピスドボーヌ等各自見学の後5日目はシャトーポマール。
まさしく、シャトー(お城)まわりの畑もモノポール。フランスっって感じ。
モダンアートを御収集の様ですが、あたしはクラシックなほうがすきだなー。
ポマールは元々私的にはコートドールにしては濃いワインのイメージ。そしてそのとうり濃いわ。
でも現在は日本で正規には扱ってないっていうから、一本買ってみた。
d0165309_4491221.jpg

d0165309_4503156.jpg


それからサントネイのドメーヌ・フルーロ・ラローズへ
奥様が日本人の久美子さん。
ここは以前来たことあるしー。 で省く。


翌日はジョセフ・ドルーアン。
ポーヌ市街にあるセラーで説明うけて(これが親切なんだけど長くてぶっ倒れる寸前)
その後、郊外の醸造所へ。でかいし機械はすごいし、大手はやっぱすごいわ。
d0165309_4573578.jpg
d0165309_4575953.jpg


マランジュへ移動してドメーヌ・シュブロ
ここも奥様が日本人です。
ご主人と弟さんでドメーヌを大きくしてこられた様子。
きめ細やかな感じで、これからも良くなるんじゃないかなぁ。有望です。
今のところ価格はおさえられてるからコスパ良し。

d0165309_54513.jpg

皆で収穫したブドウを選果しながら除こうしていく。

翌日はコルトンへ
d0165309_582476.jpg

ドメーヌ・コント・スナール。
グランクリュの中にあるドメーヌ。コントっていうから昔からの爵位があるらしい。
今年はとにかくブドウが少ないのでと、印象に残ったのはこの言葉。
d0165309_5113994.jpg


そしてヴェズレーへ。
★付きレストラン付きのホテル。
まークラシックで乙女だけどね、星つきにしてはサービスがいまいち。
凍らした前菜が、ワイン注いでるうちに溶けちゃって、しゃばしゃばで食べられなかった。
d0165309_548313.jpg



その後個人的に仕事がらみでボーヌ滞在。
マコンでは収穫のお手伝い。
一日中マコン満喫で、初めから最後まで(ま、シャルドネだけど)工程は見学して、仕事の話も
してきたよ。また11月には上海でもお目にかかります。
d0165309_5181662.jpg


翌日は友人でもあるシャンベルタンのドメーヌへ
ここでも収穫、選課、させてもらったぁ。なにごとも経験だ。
d0165309_5225096.jpg

ランチが前菜からパスタ、肉、チーズ、デザートまで、家庭の味。美味しかったぁ。
d0165309_5253689.jpg


その後
d0165309_527236.jpg
d0165309_5274052.jpg
d0165309_5282033.jpg

d0165309_533214.jpg
d0165309_5334229.jpg

等、あと何軒か有名どころで入れてもらって話しきかせてもらって

ルソーさんちの畑に
d0165309_531150.jpg


帰りにDRCの収穫部隊と遭遇。

翌日にはパリに逃亡。
パリコレとモーターショーの関係でホテルがバカ高い 普段240ユーロが350ユーロだって。
そこそこのホテルで。 あたしはそれでも全然満足ですわ。
d0165309_5384196.jpg


パリでも星付きレストラン行って、こりゃ旨いのなんのって
次回もこのエッフェル塔の見えるこちらでー。
パリはまた来るぞっ。

まだまだ書ききれないけれど、一度も日本食食べることなく、一日だけピザ食べた以外はぜーんぶ
ディナーはフレンチだったわ。ランチは一度だけパリで中華。以外はすべてフレンチで。
ワインは山ほど飲んで。
まだまだ元気だぁ。
またワイン飲もう!
[PR]



by idea-purin | 2012-10-01 12:20 |

NZ三回目

今年も南半球でのブドウの収穫となりました。

で、三度目のNZ 行ってきました。

去年は日本での地震とその前にあったNZでの地震の影響で、飛行機の便も少なく、行く人も少ない年でしたが、今年は沢山の人が収穫に行かれて、NZの観光に行く日本人も元に戻りつつあるようでした。

今年は一人で行っても、現地で皆様に会える・・・・そんな感じで日程を組んでみました。
気遣い症だったり、我侭だったりする私なので一人旅は実は気楽で好きです。 ま、寂しいんだけどね。

マーティンボローでの収穫のみの計画ではなく、今年は帰り道にオークランドでアクティビティーしようと、ちょっと違う私も挑戦してみることにしました。
B&Bなんか泊まることにしてみたのですが、実際は英会話が出来ないのでドキドキでした。


今年のピノノワールは天候不順のため、粒がばらばらにしか生っていない・・か、粒が詰まっていたらボトリティス
に(カビが付いて腐った状態)なっていたりで、苦戦。
粒自体の味はしっかりしているのですが。

マーティンボロに着いた翌日から、畑で収穫。2日収穫して、翌日は選果。
ブドウの状態が悪い為、選果は結構大変なのですが、なにせ今年は人が多くて選果がスムーズに。


去年から話題のハリネズミさんにも宿で夜に出会えました。
トボトボゆっくり歩いてるし、写真撮ろうとしたら止まってくれるしで、人間慣れしてないのかなぁ。
ゴキブリも居たけど、羽がなくてスゴーくトロイ。

無事三年目も収穫選果を出来て、天の神様にブドウの妖精に感謝感謝です。


さーて、そゆことで
オークランドに移動。

アクティビティーはまずはホースライディンクから。
B&Bの宿を朝8時に出発して、高速道路を行き、そのうち舗装無しの道を
ガタゴト運転して 着きました!
優しそうな馬に乗せてもらい2時間f^_^;)
ゴミ一つないビーチを延々と行きました。
はー。。

無事に帰ってお昼には、B&Bのドナルド特製のマフィンです。。
コンビニなんてないし、もっとも人がどこにも居ない。

ホースライディングは来年もしたいー。。

さて時間のない中もう一つは
オークランド湾のディナークルーズ。
アメリカ人の団体と同じヨットで、景色はいいけどね。
来年はまた違うのにしよっと。。

ニュージーランドのゆったりした毎日に
また来るよー と。
[PR]



by idea-purin | 2012-04-23 16:55 |

初すべり

今期の初滑りに行ってきました。

この1月初めの連休に一泊で岐阜はめいほうスキー場&郡上八幡温泉でした。

ここんところ母が入院したり、
飼い犬プリンちゃんが老化の為色々不具合が出てきたりと
家に閉じこもりっぱなしで旅には出てませんでしたが、
もう雪が降ると我慢できません。

さてさて今回一泊を計画時点で早めに予約。
既によさそうな宿泊施設は満員。
初心者、または久しぶりにSKIする・・・そんな皆さんと一緒なので
滑ることに重点は置かず、あえて温泉とワイン会を平行に考えてのチョイス。

しかし、上海生まれの雪をあんまり見たことないぐらいの初心者。
大丈夫なのかいささか心配だけれど、なせばなるなさねばならぬ何事も・・・って事で。

夜中に出てるんるんと現地に入り、「ゆきや~」(あたりまえ・・・・)とか、歓声を上げながら
カチカチの靴(SKIの靴は硬いんです)にうんこら言いながら
なんとか滑るところまではこぎついた。

はーい。体操してこける練習して、リフトー
バタッ

気を取り直して、横歩きで斜面を登ったり横滑りの練習。

さーて問題はヴォーゲンのVの字。
はぁ~
人間年取るって身体が硬くてゆうこときかないのね。

すったもんだしながらでもロングな初心者コースをなんとか降りる。


ここでくじけては上手くならないよ・・・とかなんとか言いながら
ほっておくわけにもいかず、(他人に迷惑はかけられへん)
お昼休憩を挟んでもう一度・・・・・

d0165309_11335393.jpg


お疲れ様でした。
初めての人には地獄、拷問に近かったかも。
滑って転ぶのが怖いし、滑らないと下に降りれないし。


あたしはその間、ひら~りと2,3回一人で滑らせてもらって、
それでいいんです。
皆で来たんだから。

がんがん滑るのはまた後日。

ホテルに帰ると温泉に浸かって、ご飯食べたら他の4人が爆睡してしまい
誰もちゃんと起きないので
「ワイン会辞め」

うわ~ん。グラスも赤白用意して、ワインも持ってくるのにクーラー容易して
万全を期してしたのに
スキーで疲れすぎてあか~ん。ちゃんちゃん。

翌日もスキーの予定でしたが、足ぐねっちゃった輩もあって
金沢へお寿司食べに行きました。

郡上八幡から北上して石川県へ。石川県よ、金沢県じゃないからねん。

教えていただいたおすし屋さんはあかんくて
昨今問題の食べログで検索して、兼六園傍の千取寿司さんへ。
カウンターでむっちり握ってもらって
さ~てもちょっと頑張って運転して大阪へ帰るよ~ん。
いちばん年寄りの私がいちばん元気だった。ほほほ

次回は福井の蟹三昧希望!!!!

d0165309_11343668.jpg

[PR]



by idea-purin | 2012-01-11 11:29 |

ココファーム訪問

先月ココファームへお誘いただき行く機会がありました。


d0165309_134362.jpg




今年の4月にNZのマーティンボローの楠田さんに滞在中一緒に作業していたメンバーが、今回行ったココファームで働いておられます。今回もそのNZメンバー皆さんでどどーっと訪問です
埼玉、栃木、群馬の北関東三県は一度も行ったことのない県で楽しみに行ってきました。

前日から上京して当日朝八時には埼玉で待ち合わせです。
そこから白馬(エスティマハイブリッド)に乗せてもらい一路栃木のココファームへ。

ココファームさんは知的障害を持った方が作業しておられます。
こつこつと葡萄達の世話をされるらしく、ある意味彼らだからできた葡萄なのかもしれません。

畑はものすご~く急斜面で、上まで行くのがあたしにはやっとこさでした。
上で飲む葡萄のお酢のドリンクがまた美味しい。

葡萄は高低差で色々な種類が用途によって植えられている。
聞いた事ない品種もありで、まだまだこれは進化していくワイナリーなんだなーと思う。うむ。

畑の説明を聞き、待ちに待った試飲とランチ。♪

実を言うと日本のワインをあまり信じていなくて・・・というのも、日本の気候じゃ難しいんじゃない? って気持ちが強くて、まぁそれと美味しい日本のワインをのんだ事ないのが要因かと。

ココファームさんのワインはどれも美味しくて特にやっぱりスパークリングが。
お値段もそこそこ。今度日本のワインを飲む機会があったら「ココファーム」って言おう。



d0165309_1333594.jpg




お食事の後はタンクやスパークリングが作られてるところ見学。
洞窟だから温度も湿度もええかんじ。さぶい位で調度。

NZでは力仕事を一手に引き受けてくれて、クマみたいな彼ですがココファームではもっと働くらしいです。
ワイン造るってほんま力仕事で農業。とまたまた実感。


d0165309_1324314.jpg




一旦足利のホテルに帰り、夜の部へ。

足利の中華(これはまた中華でしたよ。あたしはいつも広東料理が多いけれどいつもと少し違うのが新鮮)
麻婆豆腐が辛くてコクがあって病みつきです。
で、セレクトしていただいた白ワインを頂きました。
リースリングがスッキリしてるけど、味に深みがあって美味しかったです。


d0165309_13102738.jpg


ワイン飲んだら「美味しい」しか感想がなくて~~ もっと、色々ソムリエ試験的に述べるべきですな。ほほほ。

そんな旅でした。

ココファームのNさん、連れてってくれたNZ収穫チーム おせわになりました~~~
[PR]



by idea-purin | 2011-06-14 13:19 |

思った事を気のままに、勉強中のワインについて。
by idea-purin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

今までも、これからも
at 2016-12-06 14:57
許す心
at 2016-11-30 01:14
ワイン初心者🔰
at 2016-11-13 01:00
新店舗オープンしました。
at 2016-09-24 14:41
新店オープン
at 2016-08-19 00:20

ファン

ブログジャンル

画像一覧