<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧




老人は不要か

最近、100歳以上のお年寄りを隠している人が多いですよね。
年金があてで、金ずるとして置いている場合もあるでしょうが、
不明なお年寄りを気にしてない家族はきっとその年寄りが「いらない」んでしょう。
「記憶から消したい」
そんな感じじゃないかな。



近所の二軒先のお姑さんは、うちが新車のなのが許せないらしく違法駐車だと警察に通報する。
実際のところうちの敷地内なので警察も困って、通報されたんですけど違法じゃないのでとうちに言って帰る。

お姑さんは恐らく85歳くらいか。
うちの新車が妬ましいのか?
何故、妬むのか?

他人が幸せそうなのが許せないのでしょうか。
そのお姑さんはきっと現状が幸せでないんだろう。
歳を取るって事は、身体も利かなくなるし、
お金だって年金だけで充分じゃないのかもしれないし、家族に愛されてないのかもしれない。

もっとも、そんな「意地悪ばあさん」を地で行くようなおばあさんは家族にも愛されないだろうな。
友達もおらず、話し相手もなく・・・・死ぬのを待っている日々。
自業自得
とはいえ可愛そうな人生だ。

可愛そうだけれど、「意地悪ばあさん」みたいに色々な意地悪や、騒動を起こされたらこっちだって困るな。
家族だってそんな婆さん「早く死んで欲しい」とすら口には出せないけれど、思っているかもしれない。

本人はどう思ってるのか・・・「もっと長生きしたい」のか?
憎まれっ子世にはばかる?



うちの母も77歳で健在である。
親とは言え考え方は違う。
人間が別なんだから違ってあたりまえなのかもしれない。
母も自分とは別の人間なんだから考え方は違うんだと思ってくれればいいが、
いかんせん親というものは子供も自分と同じだと錯覚している。

うちの母は「よこせ」「よこせ」で、人には与えて貰うが、自分からは与えない。
外面はびっくりするほど良いが、内面は悪い。
家族は自分の犠牲になるものと思っているのではないかと思う。


去年の暮れに兄が死んだが、兄の人生は何だったのか・・・・と思う。
母に振り回され、兄は自分らしい人生が歩めたのか。
兄が居なくなった今は、私が振り回されている。
兄は私の防波堤だったんだと思うと兄がとても不憫だ。


兄に母は何をしてあげたのか? 何を? 
確かに母は働いていたかもしれないが、自分の為に働いたのに恩着せがましく「働いてたから」と。
私ら兄弟はほったらかしだったじゃない。

母の老後である。
「よこせ」の人なのである。


老人は年老いただけで、必要ではなくなるのか?
いやいや、その人となり、その人の歩んできた道が良いものであれば、嫌われたり疎まれたり
そんなことはないのではないだろうか?


100歳にして何処へ行ったか誰もが知らないと言われる老人。
自業自得なのかも。
すっごい嫌な人で死んでても誰も気にしないくらいの人だったのかも。
[PR]



by idea-purin | 2010-09-05 05:56 |

思った事を気のままに、勉強中のワインについて。
by idea-purin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

今までも、これからも
at 2016-12-06 14:57
許す心
at 2016-11-30 01:14
ワイン初心者&#128304;
at 2016-11-13 01:00
新店舗オープンしました。
at 2016-09-24 14:41
新店オープン
at 2016-08-19 00:20

ファン

ブログジャンル

画像一覧