ブルゴーニュの旅(長いよ)

シャンパーニュ&ブルゴーニュ&ちょっとだけパリ の旅に行ってきました。

前半はADVのツアーで、後半はボーヌに滞在してお仕事、そしてちょっとだけパリ。

伊丹ー成田-シャルルドゴール-ランスそしてシャンパンの聖地ランスに着いた。
ホテルは期待してないけど、ムードもフランスらしさもかけらもなし。
ツアーとはいえちょっと「ひえーっ」

しかし、ティタンジェ、ローランペリエ、ポルロジェと大手を2日間で勉強。
地下の洞窟のセラーがとにかく広い、寒い、古い、シャンパンがいっぱい。
シャンパンを造る理屈やら、ココで作ってるんだぁ という実感。
試飲するも、美味しい。
どこも大手ゆえに素晴らしい設備。
もし、わがまま言うならRMなとこもみてみたかったなぁ。

d0165309_4272191.jpg
d0165309_429337.jpg
d0165309_43282.jpg


4日目にはシャブリ
グランクリュの畑を歩いて上って、キンメリジャンを見つけ、今年はブドウが苦戦ていうのもまのあたりに。
その後ドメーヌ・デ・マランデへ。
またそこのオーナーが良い人でまた畑にいってくれて説明してくれて、「すべてはブドウで決まる」事を勉強。

d0165309_4371527.jpg

d0165309_4403145.jpg

グランクリュから見下ろす。

そしてボーヌへ。
朝オスピスドボーヌ等各自見学の後5日目はシャトーポマール。
まさしく、シャトー(お城)まわりの畑もモノポール。フランスっって感じ。
モダンアートを御収集の様ですが、あたしはクラシックなほうがすきだなー。
ポマールは元々私的にはコートドールにしては濃いワインのイメージ。そしてそのとうり濃いわ。
でも現在は日本で正規には扱ってないっていうから、一本買ってみた。
d0165309_4491221.jpg

d0165309_4503156.jpg


それからサントネイのドメーヌ・フルーロ・ラローズへ
奥様が日本人の久美子さん。
ここは以前来たことあるしー。 で省く。


翌日はジョセフ・ドルーアン。
ポーヌ市街にあるセラーで説明うけて(これが親切なんだけど長くてぶっ倒れる寸前)
その後、郊外の醸造所へ。でかいし機械はすごいし、大手はやっぱすごいわ。
d0165309_4573578.jpg
d0165309_4575953.jpg


マランジュへ移動してドメーヌ・シュブロ
ここも奥様が日本人です。
ご主人と弟さんでドメーヌを大きくしてこられた様子。
きめ細やかな感じで、これからも良くなるんじゃないかなぁ。有望です。
今のところ価格はおさえられてるからコスパ良し。

d0165309_54513.jpg

皆で収穫したブドウを選果しながら除こうしていく。

翌日はコルトンへ
d0165309_582476.jpg

ドメーヌ・コント・スナール。
グランクリュの中にあるドメーヌ。コントっていうから昔からの爵位があるらしい。
今年はとにかくブドウが少ないのでと、印象に残ったのはこの言葉。
d0165309_5113994.jpg


そしてヴェズレーへ。
★付きレストラン付きのホテル。
まークラシックで乙女だけどね、星つきにしてはサービスがいまいち。
凍らした前菜が、ワイン注いでるうちに溶けちゃって、しゃばしゃばで食べられなかった。
d0165309_548313.jpg



その後個人的に仕事がらみでボーヌ滞在。
マコンでは収穫のお手伝い。
一日中マコン満喫で、初めから最後まで(ま、シャルドネだけど)工程は見学して、仕事の話も
してきたよ。また11月には上海でもお目にかかります。
d0165309_5181662.jpg


翌日は友人でもあるシャンベルタンのドメーヌへ
ここでも収穫、選課、させてもらったぁ。なにごとも経験だ。
d0165309_5225096.jpg

ランチが前菜からパスタ、肉、チーズ、デザートまで、家庭の味。美味しかったぁ。
d0165309_5253689.jpg


その後
d0165309_527236.jpg
d0165309_5274052.jpg
d0165309_5282033.jpg

d0165309_533214.jpg
d0165309_5334229.jpg

等、あと何軒か有名どころで入れてもらって話しきかせてもらって

ルソーさんちの畑に
d0165309_531150.jpg


帰りにDRCの収穫部隊と遭遇。

翌日にはパリに逃亡。
パリコレとモーターショーの関係でホテルがバカ高い 普段240ユーロが350ユーロだって。
そこそこのホテルで。 あたしはそれでも全然満足ですわ。
d0165309_5384196.jpg


パリでも星付きレストラン行って、こりゃ旨いのなんのって
次回もこのエッフェル塔の見えるこちらでー。
パリはまた来るぞっ。

まだまだ書ききれないけれど、一度も日本食食べることなく、一日だけピザ食べた以外はぜーんぶ
ディナーはフレンチだったわ。ランチは一度だけパリで中華。以外はすべてフレンチで。
ワインは山ほど飲んで。
まだまだ元気だぁ。
またワイン飲もう!
[PR]



# by idea-purin | 2012-10-01 12:20 |

やさしいと言われる事

前に書いた誠実と関連ありますが、

やさしいと言われる事 

について書いてみたいです。

私の生き方の一つとして、人が嫌がる事は極力しない というのがあります。
好かれようとか、良く見てもらおう とかいうのと似ていますが
少し違います。

人は私の事をやさしいと人は言いますが、やさしいというのよりも
人が嫌がる事はしたくない、・・・・しない・・・・その結果、寛容になりやさしい。

嫌がることをしないのは されたくない からです。
誰にでも優しく寛容であるわけではありません。
あの人やさしいからコレくらいは許してくれるやろう と 私にとって嫌なことされるのは嫌です。

ましてや 女性でやさしい と思われる人だから
適当でいいだろうと、適当にあしらわれるのは許せません。

そのうえ、バカにされた感じなのは、その相手の人の人間性すら疑います。


色々嫌な経験をすると、人にはこんな嫌な思いはさせたくない と思います。
何事も嫌だと思わないくらい感性の鈍い人なら、人の嫌な気持ちには無頓着なのかもしれません。

やさしいからといってなめてもらっては困ります。
私が嫌がるであろうことはできればやらないで頂きたい。
まずは自分がやられて嫌なことは人にしないでいただきたい。
これって人間の基本です。
[PR]



# by idea-purin | 2012-09-03 15:03 |

誠実とは?

ご無沙汰しでいます。
思うところあり、ため息ばかりついています。

仕事をするにあたり、いつも「誠実に何事も対処すれば、必ずや人には通じる」と思っています。

人も動物と同じで感じるところがあり、相手の心を察する事ができると思います。
特に騙してやろうとか、適当にあしらおうとか、そうゆうのは なんだか変な勘でわかるものです。

だからこそ反対に、相手の事を思い誠意を持ってすれば、ちゃんと評価をいただけるのです。

仕事の場合、売上ばかりがちらついていると、良い仕事には成らず当然評価も落ちて、良くないループへ転落して行くのです。
相手の気持ちになり求められている仕事を誠心誠意する事です。
しかし、これもボランティアではないので最低でも儲けは必要です。

人の何かの役に立つ事。
無心でこれを追求すれば、必ずや(すぐじゃないかもしれないけど)回り回ってくると思います。


誠実はお人好しに何事も承諾する事ではないと思います。
苦労した人にしか解らない事なのでしようか?
酷い目にばかり合って世の中を信用出来なくなり、自分自身の事を投げやりになってしまった人に、
誠実に生きよ。と言ってもバカバカしい事かもしれません。
でも、人は幸せを求めて生きているはず。
きっと人のために何かするのは嬉しい事のはずです。

こんな事言ってますが、私も絶対じゃありません。
毎日、誠実に一生懸命生きよう!と、忘れてないかい?大丈夫あたし?と、自己採点しています。
[PR]



# by idea-purin | 2012-08-30 00:02 |

NZ三回目

今年も南半球でのブドウの収穫となりました。

で、三度目のNZ 行ってきました。

去年は日本での地震とその前にあったNZでの地震の影響で、飛行機の便も少なく、行く人も少ない年でしたが、今年は沢山の人が収穫に行かれて、NZの観光に行く日本人も元に戻りつつあるようでした。

今年は一人で行っても、現地で皆様に会える・・・・そんな感じで日程を組んでみました。
気遣い症だったり、我侭だったりする私なので一人旅は実は気楽で好きです。 ま、寂しいんだけどね。

マーティンボローでの収穫のみの計画ではなく、今年は帰り道にオークランドでアクティビティーしようと、ちょっと違う私も挑戦してみることにしました。
B&Bなんか泊まることにしてみたのですが、実際は英会話が出来ないのでドキドキでした。


今年のピノノワールは天候不順のため、粒がばらばらにしか生っていない・・か、粒が詰まっていたらボトリティス
に(カビが付いて腐った状態)なっていたりで、苦戦。
粒自体の味はしっかりしているのですが。

マーティンボロに着いた翌日から、畑で収穫。2日収穫して、翌日は選果。
ブドウの状態が悪い為、選果は結構大変なのですが、なにせ今年は人が多くて選果がスムーズに。


去年から話題のハリネズミさんにも宿で夜に出会えました。
トボトボゆっくり歩いてるし、写真撮ろうとしたら止まってくれるしで、人間慣れしてないのかなぁ。
ゴキブリも居たけど、羽がなくてスゴーくトロイ。

無事三年目も収穫選果を出来て、天の神様にブドウの妖精に感謝感謝です。


さーて、そゆことで
オークランドに移動。

アクティビティーはまずはホースライディンクから。
B&Bの宿を朝8時に出発して、高速道路を行き、そのうち舗装無しの道を
ガタゴト運転して 着きました!
優しそうな馬に乗せてもらい2時間f^_^;)
ゴミ一つないビーチを延々と行きました。
はー。。

無事に帰ってお昼には、B&Bのドナルド特製のマフィンです。。
コンビニなんてないし、もっとも人がどこにも居ない。

ホースライディングは来年もしたいー。。

さて時間のない中もう一つは
オークランド湾のディナークルーズ。
アメリカ人の団体と同じヨットで、景色はいいけどね。
来年はまた違うのにしよっと。。

ニュージーランドのゆったりした毎日に
また来るよー と。
[PR]



# by idea-purin | 2012-04-23 16:55 |

笑う角には福来る

指圧の心母心・・・って若い人は知らんかもね。
「笑う角には福来る」

最近は楽しい事ばかりではない毎日だけれど
笑って過ごしたいと思っているし
実際に笑っている。ははは。

楽しくなってしまえるように考え方を「てきと~」にシフト。
眉間に皺寄せて「むむむ~」と生きても
毎日皆のお陰で楽しいわぁ~ と生きても
同じ生きるなら後者の方が楽しい気がする。

考えすぎるのは辞めにして楽しく生きよ。

つらい~ しんどい~ なんでやねん~ な
自分の発する「気」は
またまた良くないものを呼んでくる。

色々あるけど楽しく生きてる「気」は
またまた楽しい出会いや人を呼び込んで来る。

楽天的すぎるようやけど
最近はラテン系

あっはっは~ なにゆうてんの くらいに楽しければ
きっと人生は捨てたもんじゃないはず。
笑って生きよう

まぁ 失敗もあるけど
それは忘れよう
忘れるのも人間の才能よ。 などと ほほほ 笑い飛ばしてね。
d0165309_2492533.jpg

[PR]



# by idea-purin | 2012-02-01 09:28 |

思った事を気のままに、勉強中のワインについて。
by idea-purin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

今までも、これからも
at 2016-12-06 14:57
許す心
at 2016-11-30 01:14
ワイン初心者🔰
at 2016-11-13 01:00
新店舗オープンしました。
at 2016-09-24 14:41
新店オープン
at 2016-08-19 00:20

ファン

ブログジャンル

画像一覧