ニュージーランドワインの旅(マルボロ篇 その二)

d0165309_2105747.jpg


翌日は朝からマルボロのワイナリー訪問
d0165309_144662.jpg

d0165309_1283518.jpg

d0165309_1531354.jpg


ハンスヘルツォグ
ではインポーターの阿部さんにアポを取ってもらっていたので営業担当の方を訪ねて行った。
スイス人の移民でふどう畑を川のこちら側に持っている。それぞれどの場所にどのブドウと考えられて
植えられている。
d0165309_129869.jpg

とにかく色々な品種が植えられていて、ワインも色々ヨーロッパ品種が作らているのがとてもユニークだ。
ワイナリーも風格のある落ち着いた作りで、夜営業しているレストランは高級感が漂っている。
ちゃんとパートナーを連れてゆっくり来てみたいレストランです。自社のワインのみならず世界中のワインも
食事と一緒に飲めるとのことでコレクションも見せて貰った。
d0165309_125179.jpg

このワイナリーのワインは何種類かは私のワインショップ「idea」でも扱っています。
少し高級な希少価値のある美味しいワインです。
今回はココのワインの作り方や営業方法などが分かることで、私も勉強になった。
d0165309_1402964.jpg


次はBLADEN
少し離れたところにこじんまりとある小さなワイナリー。
説明してくれたのはオーナーの義理の?お兄さん。
試飲したリースリングが私的には好きでした。
マルボロというとソーヴィニヨンブランが世界的にも有名ですが、私は青いSBがあまり好みではなく
マルボロにいるのにリースリングとかピノノアールとか飲んでしまうという偏りでした。
d0165309_1424337.jpg


SERESIN
日本でもメジャーな方かも、でもワインは大規模に作っていてお安めで買いやすい。
その上余韻の長い濃いめのNZらしい作りで上手く作られてと思う。
d0165309_1492974.jpg


その後
AUNTSFIELD
d0165309_157551.jpg

NAUTILUS YEALANDSと。
最後のYEALANDS
d0165309_204720.jpg

とにかく見渡す限りココのぶどう畑。広すぎる。アメリカみたいだった。
畝の部分に貝殻が置かれていた。

d0165309_28612.jpg

[PR]



by idea-purin | 2014-12-21 01:44 |

思った事を気のままに、勉強中のワインについて。
by idea-purin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

今までも、これからも
at 2016-12-06 14:57
許す心
at 2016-11-30 01:14
ワイン初心者🔰
at 2016-11-13 01:00
新店舗オープンしました。
at 2016-09-24 14:41
新店オープン
at 2016-08-19 00:20

ファン

ブログジャンル

画像一覧